渓流の魚釣り、中でも鮎の友釣り!!

渓流の魚釣り、中でも鮎の友釣り!!

鮎釣りにはまりました。
それは何といっても魚がきれいで美味しくて臭くないし、スイカのような匂いがする感じです。

釣り方は、地域によって呼び方が違うかもしれませんが、ちんちん釣り、どぶ釣り、コロガシ、友釣りなどがあります。
中でも友釣りが最高ですね!
おとりのアユと言うのを現地で購入し、これを仕掛けに付けて、この付けるときには素早くおとりアユを弱らせないようにすることが大事です。

次に、このおとりアユをポイントへ実際に泳いでいるように持っていくことです。
ポイントはハミ跡というアユが苔を食べた石を探して、その付近であったり、石の影の落ち込みであったりなどですが、適当にポイント探しをすることが大事ですね。

先ほどおとりアユが泳いでいるようにと言いましたが、これがうまくいかないと釣れないし、おとりアユが弱ってきてしまうので、相乗効果的に負の効果になってしまうので要注意です。
そして、川のアユが釣れた時には、実際には仕掛けにひっかかった時には、直ちにこの川のアユとおとりを交換することですが、ひっかかった場所によりおとりとして使えないので、この点が注意ですね。 

川のアユは引っかかった時にはガツンと竿を持っていかれるくらいショックがあり、この手ごたえが何とも言えません。
試しにやってきてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする