自分独自の鮎の友釣り方法

自分独自の鮎の友釣り方法

これは自分が子供の頃から始めた鮎の友釣りにおいて実際に行なっていた独自の釣り方です。
参考になれば幸いです。

場所は自宅前の長良川支流(川幅約20m前後、深さは30cmから60cm程度)です。

鮎は「餌釣り」と違い、魚が寄ってくることはありません。
鮎が持つ縄張りに入ることでその鮎の攻撃を受け、その際にオトリの持つ仕掛け針に引っ掛かって釣れるのです。

だから1箇所に留まっていてもある程度そこで釣ってしまったら、その辺りには新しい別の鮎がそこで縄張りを張らない限り「居ない」ことになります。
そのため、場所の移動は必須なのです。

まず範囲を自分なりに決めたらその一番下流まで行き、その場所から釣りをスタートさせます。
餌釣りは川上から川下へと餌が流れていくように竿を振りますが、鮎の場合は「逆」なのです。
オトリ鮎は泳いでいます。竿
の糸は緩まないように操作をして少しずつオトリ鮎を川上へと導いていきます。これが「探り」です。

この探りにてオトリ鮎の位置を少しずつ変えていくなかで、「縄張り」にヒットすれば後は「引っ掛かる」のを待つだけです。

そして徐々に川上へと進みその最中である程度の鮎を釣り、釣った中から元気な鮎をオトリ鮎として交換しながらまた進んでいく、という釣り方です。
他の太公望が近くにいるとこの釣り方は難しいですが、人が近くに居ない場合にはこの釣り方をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする