見逃してしまいがちな足元のポイント

見逃してしまいがちな足元のポイント

広い海へ仕掛けやルアーをロングキャスト、気持ちいいですねえ。
沖にいる魚を誘って誘ってなんとか出した一本は、非常に価値のあるものです。

しかし、沖ばかりを攻めすぎてはいませんか?
実は魚は沖よりもあなたが立っている堤防や磯際にもたくさんいるもので、特に堤防際は魚の宝庫。
探らない手はないんです。

堤防際は特に小魚にとっては理想的なストラクチャーとなっており、人間でいえば常に背中を守ってもらっているようなもの。
小回りの効く小魚は堤防の周辺に棲みつくことでフィッシュイーターや鳥、イルカなどから身を守っているのです。

ですから例えば、堤防の近くで大きな青物が釣れた経験はありませんか?
あれは大型魚が小魚を追って堤防際までやってきているのですが、小回りが効かないため堤防の間際を回遊し、何らかの理由で飛び出てきた小魚を狙っているということ。

つまり、堤防近くにいる大物はわざわざ捕食をしにそこまで来ているので、食い気があり、釣れる確率も高いんです。

沖も確かに釣れますが、堤防際も見逃せないポイントだということを認識しておくと、さらに良い釣果が上げられるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする