家族と一緒に釣り堀へ

家族と一緒に釣り堀へ

昔の話にはなるのですが、渓流魚の釣り堀です。

岩魚や山女魚がいるところでした。
田舎に住んでいた事もあり、ちょっと車を走らせたくらいの位置にあります。
もちろん釣り堀なので誰でも簡単に釣りができて、釣り具もレンタルの物で良いので楽ちんです。

専用の餌を買い、それで釣り開始です。
仕掛けはいたってシンプルで、延べ竿に針とオモリくらいでした。

そのまま練り餌をつけるみたいにつけてキャストすると、すぐに良いアタリがきます。
釣り堀だから当たり前なんですが、子供の頃なのでそれでも楽しい釣りになりました。

今だから思う事がですが、子供に渓流釣りの機会はほとんどないですよね。
慣れた川で釣りをする程度なので、見た事ない魚ということはもちろん、魚体も良く引きも強いのが新鮮でした。
自分の足元に引っ張るのも一苦労です、とにかく釣り竿を手放さないように必死に握って、やっとの思いで釣りあげる岩魚。

そのまま一時間でも続けようものなら体力は限界です。
釣りがスポーツと言われるのもわかります。

釣った魚とはいえ、もちろんお金はかかりますが、汗をかいて頑張った後の楽しみが待ってました。

岩魚の炭火焼きです。釣りたての新鮮な物をその場で焼いて食べれるほど、美味しい食べ方はありません。

これも私にとっては釣りの良い思い出です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする