近所でウワサの怪魚釣り!

近所でウワサの怪魚釣り!

テレビに近所が映っている!それ自体は珍しいことではないでしょう。
美味しいケーキやレストランだったり、珍しいスポットだったりとよくあることだと思います。

ですがそういったよくある内容とは違っていたので、目が釘づけになりました。
その内容は、住宅街に出る!怪魚を捕獲しよう!という趣旨の番組。

我が家から徒歩5分の場所でそんなことが行われていたとは・・。いや、こんな近場に怪魚がいたとは!

驚きながらテレビを見ていると池に網を仕掛け、追い込んで捕獲しようとしている。

そしてその怪魚と呼ばれている魚は「ガーパイク」。
あのワニのような口を持った獰猛な魚である!きっと誰かが逃がしたんだろうな~、と思っていると友人から電話が。

「テレビ見てる?ガーパイク釣りに行こう」
影響を受けやすい友人はすでにハンターモードで興奮気味。

誘いは受けたものの2人ともガーパイクは釣ったこともない、と言うか見たことも無い。
たぶん餌は生きた魚や小動物だろう、大きさは雷魚くらいはあるだろう等、2人で勝手な想像を膨らませ釣り支度を開始。
竿とリールは雷魚用の物を、ルアーは1オンスのトップウォーターを用意しいざ出陣。

電話があって20分後に現地集合である。地元のなせる業。

ここまで来るとこっちもハンターモードになっていて、
「釣れたらルアーはバキバキになってしまうな!」
「デカいクリッパー買ってくればよかった!」
なんてすでに釣れた気持ちで話しながらガーパイク夜釣り。

しかし投げれども投げれども釣れない。
テレビでは捕獲失敗になっていたのだから、まだこの池にいるはず!しかし釣れない。

釣り中にも、散歩にきた近所の人が怪魚釣れますか?
なんて声をかけてくれるけどやはり釣れない。
結局どっぷり深夜まで4時間粘りましたが、気配すらも感じられませんでした。

しかし、怪魚と言う言葉がこんなにも心躍らせる物とは知りませんでした。
さらにそれが徒歩5分圏内にいるとなると、ロマン高ぶりますよね、

またいつか怪魚の目撃情報があれば行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする