北海道の大自然の中での釣り体験

北海道の大自然の中での釣り体験

父親が北海道出身というこもあり、高校生まで頻繁に北海道に足を運んでいました。

様々なアウトドアを行ってきましたが、その中でも印象的だったのが渓流釣りです。
釣り方としてはイクラを付けた長尺竿の餌釣りです。
狐や熊も見掛ける中での釣りは迫力がありました。
上流から下流に歩いていきながら餌を流してくのですが、ヤマメを中心に多くの魚を釣ることができました。

シーズンになると鮭が上流に溯ってきたり、レアなケースでは幻の魚であるイトウが釣れることもあるそうです。
これまで体験した渓流釣りの中でも川の透明度やキレイさは抜群で、非常に良い経験になりました。

狐が多い地域だったので寄生虫の懸念があって食べることはしませんでしたが、その後のバーベキューも非常に楽しかったです。

また、汽水湖である湖では、カジカなどのなかなかお目にかかれない魚種を釣り上げることもできました。
今度はオホーツク海方面での釣りを行ってみたいと考えています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする