子供も含めて家族で楽しめるファミリーフィッシングのノウハウ

子供も含めて家族で楽しめるファミリーフィッシングのノウハウ

ファミリーフィッシングといっても、子供を含めた家族の釣りの経験等で様々な釣り方があります。

ここでは、それぞれの家族の合ったファミリーフィッシングを提案したいと思います。

スポンサーリンク

ほとんど未経験者の場合

釣り道具もレンタルできる管理釣り場がファミリーフィッシング初心者には最適です。

各地の海釣り公園や、湖、池、河川などの釣り堀などです。

そして最近はフィッシングパークという手軽に家族で釣りが楽しめるスポットも全国的に広がりを見せています。

料金はかかりますが手ぶらで行っても大丈夫なので、子供の熱中具合を検証するのにもってこいです。

ファミリーフィッシングにおいては、道具を一通り揃えたものの結局は一度しか行かなかった、などということがあり得るので初めてのファミリーフィッシングにはレンタルでまず体験するのが最適です。

管理釣り場はお弁当などの飲食はOKですが、それ以外はNGなので注意が必要です。

自分で竿やリールなどの操作やエサ付け等ができる場合

子供が少し上達してくると、釣り道具や仕掛けを買い揃えての釣りとなります。

最適なのは防波堤でのサビキ釣りなどです。

エサを付けなくていいので簡単ですし、サビキ釣りはあたりも明確で一度に数匹釣れたりします。

サビキ釣りは家族で行うファミリーフィッシングの代表的な釣りです。

サビキ釣り以外では防波堤からのチョイ投げ釣りも同時にできます。

子供や女性にはスーパーライトショアジギングが装備も手軽でおすすめです。

車で乗り入れれる港からそのまま釣れる場所などもあるので、家族で遠足気分で行くことができます。

自然が相手ですので、ネットや釣具屋さんに情報を聞いてから行かないと全く釣れないなどということもありますので重要です。


ファミリーフィッシングにおすすめ

買いまくって遂に見つけた!丈夫でコスパ最強な「フィッシュグリップ」
フィッシュグリップ(フィッシュグリッパー)やプライヤーって、ランディングにおいて必須と言えるフィッシングギアだと思います。 結構重要なフィッシュグリップの選択ですが、私も今まで何度か安いフィ...

ファミリーフィッシングの経験が豊富な場合

船舶の免許があれば、船を借りて家族だけの船釣りが出来ます。

また免許がなくても乗合船での船釣りも可能です。

船頭さんが魚探で魚のいるポイントに連れて行ってくれるので間違いありません。

ただ子供については船酔いは注意しなければなりません。

もう一つおすすめなのはキャンプを兼ねた河川での釣りです。

対象は中流域から上流域では鮎、源流部ではアメゴやマス類です。

車で乗り入れ可能な河原などがあれば、ファミリーフィッシングとBBQキャンプが楽しめます。

釣りをしながらのんびり家族で過ごす有意義な時間です。

河川の場合は漁業権があり、魚券を購入する必要があります。

釣った魚の後処理について

基本的に釣った魚はなるべく食べるようにした方がいいです。

釣った魚を家族で一緒に食べるのもファミリーフィッシングの醍醐味のひとつではないでしょうか。

家に持ち帰って料理して食べるという一連の流れを子供に体験させるというのも重要です。

食べない魚、あるいは食べれない魚はリリースしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする