リリースする魚に対して優しいランディングを心がけよう

リリースする魚に対して優しいランディングを心がけよう

釣り場環境を維持する為や、管理釣り場でのレギュレーションに従ってキャッチアンドリリースの釣りをするアングラーも多いです。
リリースする魚になるべくダメージを与えないランディングを心がければ、また次回ひとまわり大きくなって自分や他の釣り人を楽しませてくれるはずなので、ここで魚に優しいランディング方法をおさらいしましょう。

スポンサーリンク

ネットなどを利用して陸地に直接揚げない

魚の体はデリケートです。陸地の砂に擦れて傷ができる、夏場の熱い地面で火傷をする、表面が乾燥するなどのダメージはリリース後に魚が感染症にかかってしまう原因になります。ランディングネットを使って陸地に揚げないようにする。写真撮影や長さを測るときには浅瀬や水溜りに揚げるようにすると魚へのダメージを最小限に抑えられます。

魚を掴む時に手を濡らす

ランディング時や撮影時に魚の胴体を持つ時には手を水につけて濡らしたほうがいいです。それによって乾いた手でのダメージを防げるだけでなく、手の温度を魚の体温に近づけることができます。魚は変温動物なので体温=水温となり人間の36度くらいの体温でも充分に火傷をしてしまいます。

フィッシュグリップを利用する

手掴みでランディングした後、大物が暴れて思わず地面に落としてしまった経験がある釣り人は多いです。フィッシュグリップを利用してしっかり掴むことでそのような事故を防ぎ、結果的に魚に優しくなります。


あわせて読みたい

買いまくって遂に見つけた!丈夫でコスパ最強な「フィッシュグリップ」
フィッシュグリップ(フィッシュグリッパー)やプライヤーって、ランディングにおいて必須と言えるフィッシングギアだと思います。 結構重要なフィッシュグリップの選択ですが、私も今まで何度か安いフィ...

バーブレスフックを使う

ルアーフィッシングでもエサ釣りでも現状はカエシ付きのフックが主流ですが、魚のことを考えればバーブレスフックに交換するかカエシを潰すほうがよりダメージが少ないです。ランディング後に短時間で外すことが出来る以外にも、万一ラインブレイクして魚の口に針が残ってしまった場合でも後々自然に外れやすいバーブレスフックが安全です。

まとめ

これらのちょっとした心がけは魚に優しいだけでなく、釣り場資源を守ることになり将来もっと大物や数釣りを楽しめる環境を作ることになります。釣り上げた魚が元気に水中に泳いで消えていくのを観るのも釣り人の楽しみの一つです。少し手間がかかってもぜひ心がけてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする