バスフィッシングのルアー、ワームの動作について

バスフィッシングのルアー、ワームの動作について

ルアー、ワームは色々な動かし方がある。
用語でいえばルアー、ワームの二種類ですが、その中にも種類があって
それに応じて色々動かし方を変えて釣り上げるのが難しい。

その中でも難しいのが沈むタイプのルアー。
あまり沈め過ぎると根掛かりしてしまって釣りどころではなくなるので、他のルアーに比べて早く巻き取っていかなければならない。
重いルアーだと動きもつけにくい。
ゆっくり沈むタイプなら水の抵抗を利用した動きができ、待つ、引くといった動作を加えることができる。

ワームは基本的には水底で動作させるものです。
動かし方はミミズや虫をイメージして動かすといいです。
常に竿やリールを使って動かすだけでなく、一旦停止するなどすると魚を引きつけやすいかと思います。

浅い水面で動作を確認するのも良い方法です。
そういったことでブラックバスを釣るためにいろいろなルアー、ワームの動かし方を工夫して見つけ出すのも楽しい釣りの一つかと思います。

ブラックバス釣りに最適なフィッシュグリップ

買いまくって遂に見つけた!丈夫でコスパ最強な「フィッシュグリップ」
フィッシュグリップ(フィッシュグリッパー)やプライヤーって、ランディングにおいて必須と言えるフィッシングギアだと思います。 結構重要なフィッシュグリップの選択ですが、私も今まで何度か安いフィ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする