息子と毎年恒例のハゼ釣り

息子と毎年恒例のハゼ釣り

我が家では毎年夏休みになると息子とハゼ釣りに行くのが恒例となっています。
家の近くを流れている川では手漕ぎボートをレンタルすることが出来て、
それに乗ってハゼ釣りを楽しんでいるのです。

前日から二人で協力して釣り道具や飲み物などの準備をして、私自身もまるで子供のときの遠足のように毎年ワクワクしています。
当日は妻が作ってくれたお弁当を持って朝早くから釣りへ向かいます。

私の息子は魚釣り自体は好きなのですが、ゴカイなどの餌に触るのが大の苦手で、
私はもっぱら息子の補佐のようなもので、仕掛けの作成や餌の取り付け、ボートを漕ぐことなどがメインの仕事になっています。

それでも魚を釣り上げたときの息子の嬉しそうな笑顔を見られるのなら、どんな雑用も苦になりません。

さらに息子が釣り上げた大量のハゼを家に持ち帰ると、妻が調理してから揚げにしてくれます。
我が家では、このから揚げを食べると夏を感じることが出来て、風物詩のようなものになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする